Santa Cruz製ポリクローナル抗体の日本国内販売の終了

研究用抗体の販売で有名な米国Santa Cruz社のポリクローナル抗体の国内供給が2016年12月末日をもって終了することが複数の日本代理店よりアナウンスされました。

これはSanta Cruz社が動物福祉法違反によりヤギとウサギの管理資格を失ったため であると考えられます (Nature 2016Wired Japan News)。あまり抗体性能の評判が良くなかったとは言え、困ったものですね。

皮膚がん“メラノーマ”の新薬が日本で承認されるまでの流れ

f:id:mdr52:20131221124703j:plain

皮膚がん「メラノーマ」の新薬 世界初承認へ NHKニュースと言う報道が出ていました。そう言えば、昨年のScienceブレークスルオブザイヤーのトップがまさにガンの抗体医薬でしたね。

ガンの免疫療法の歴史的経緯は、科学ニュースの森さんの和訳記事が非常に分かりやすいので必読です。そこから少し進んで、この新薬が承認される(見通しになった)までの経緯を整理してみました。

 

(さらに…)

男性用ピルが現実になる日はいつだ?ここ数年の研究を読み解く

f:id:mdr52:20130831123305j:plain

以前にこんなタイトルで記事を書こうと思っておりました。しかし筆が進まず、このままお蔵入りしてしまうのか・・・と思っていたところ、ちょうどGigazineが男性用ピルについての記事を上げていました。

これ幸いと、Gigazineの記事に絡めながら、近年の研究状況について書きたいと思います。

(さらに…)