脳科学の国のアリス

神経細胞ネットワークをコンピューターゲームを使って解こう、という野心的な研究プロジェクトの新イベント、Alice’s Adventures in Neurolandが発表されていました。

元のプロジェクトはEyeWire。このブログでも何年か前から定期的に紹介しているので覚えている人も多いかもしれません。

 

続きを読む

ハダカデバネズミとフルクトース代謝

愛嬌のある見た目と名前から一部で人気があるハダカデバネズミ、ガンにならなかったり寿命が長かったりと不思議な能力を持つ生き物として知られます。

 

さて、先日のScinece誌ではハダカデバネズミが酸素がない状態でも18分以上生きる(普通のネズミは死ぬ)ことが報告されました。

Fructose-driven glycolysis supports anoxia resistance in the naked mole-rat (Science, 2017)

Rewiring metabolism under oxygen deprivation (Science, 2017)

解説記事を真面目に書こうと思っていたところ、既にナショジオなどで記事が書かれており気力が無くなりました。引用というズルい手段を使いつつ適当に流します。

 

続きを読む

全部で380ページ!!の学術論文が出ていた

The Journal of Comparative Neurologyという学術誌に出た論文がページ数が異常に多いということで一部界隈で話題になっております。全部で図が19個、テーブルが3つとは思えないボリューム (380ページ) です。それもそのはず、図17には106の解剖図が含まれているのですから。もはやわけが分かりません。
Clipboard

 

続きを読む