全部で380ページ!!の学術論文が出ていた

The Journal of Comparative Neurologyという学術誌に出た論文がページ数が異常に多いということで一部界隈で話題になっております。全部で図が19個、テーブルが3つとは思えないボリューム (380ページ) です。それもそのはず、図17には106の解剖図が含まれているのですから。もはやわけが分かりません。
Clipboard

 

(さらに…)

寄稿記事がリクナビNEXTに載りました

f:id:mdr52:20150422002338j:plain

やる気について書いた記事を寄稿しました。イラストはtwitterの友達@mabilityが描きました。僕の書く文章は堅く面白味が少ないのですが、イラストで適度に中和されてると思います。
万人の興味を引く記事を目指したので、是非お読み下さい。

普段は新着論文を記事にするだけなので簡単なのですが、今回のようにテーマを意識して書くことは幅広い科学ネタのストックがないと難しいと実感しました。頑張ってインプットを増やします。

就活を一度もしたことのない僕がリクナビにお世話になる日が来るとは、それがまさかブログとは、人生面白いものです。

これからもアレ待チろまんを宜しくお願いします。

中出しされた精子を選別する♀ハエの神経回路

f:id:mdr52:20150220113712g:plain

動物の世界では、メスが交尾直後に別のオスと交尾をすることがあります。自己の遺伝子を残すために、精子は別のオスの精子と争わなくてはいけないわけです。この精子競争は様々な動物種で見られます。

精子競争
メスの生殖管の中で行われる、別のオスに由来する精子同士の受精を巡る競争のこと。
精子競争には大きく三つのタイプがある。チンパンジーのような精子の量による競争、カワトンボのような他のオスの精子を掻き出す器官の使用、ショウジョウバエの一種に見られる化学物質による他のオスの精子の抹殺である。

面白いことに、ショウジョウバエでは『中出しされたメスがその精子を能動的に排出する行動』が見られます。これはメスが受精したい精子を選んでいるということを示唆します。

なぜこの行動が起こるのかはよく分かっていませんでしたが、最新の研究によって精子排出行動を起こす神経回路が同定されました。簡単にご紹介致します。

 

(さらに…)