人工クモ糸製品化の熾烈な戦いを勝ち抜くのはどこの国か

f:id:mdr52:20130831125455j:plain

以前に人工クモ糸の製品化についての記事を書いて以来、この業界の動向が気になっております。国内ニュースを見ていると、あたかも山形県発のSpiber社のみが製品化に王手をかけているように感じますが、実際には国際的な激しい競争の渦中にあるようです。

Spider Silk Poised For Commercial Entry (Chemical & Engineering News, 2014)

今年の3月のアメリカ化学会のニュースに人工クモ糸の量産化に向けた現状をまとめた記事が掲載されていました。時間がかかってしまいましたが、この記事をベースに現在の人工クモ糸量産化の世界的な動向について書きました。

続きを読む