CRISPR~究極の遺伝子技術の発見~、合成生物学の衝撃、のKindle版が50%ポイント還元セールの対象に

セール期間は2018年5月7日まで。半額分ものポイントが還元されるので、気になってたけど未読の人はこれを機に是非一読を。

以下、すでに書籍版を二冊とも買って読了してしまった私による簡単なレビューを。

 

CRISPR~究極の遺伝子技術の発見~

生命に興味がある人に今一番オススメしたい本。

生命の設計図と言われるゲノム、それをヒトが簡単に弄ることが出来る時代になった。既にゲノム編集を使って農業や畜産の分野で新たな品種改良が行われている。中国ではヒト受精卵のゲノム編集が行われ、デザイナーベビーの誕生も夢物語ではなくなったと言われている。この技術が人類の未来にもたらすのは天国か、それとも地獄か…。まるでSF小説のようにも感じてしまうが、これは現実の出来事である。

この分野の第一人者が、研究の楽しさ、バイオテクノロジーの功罪をドラマチックに伝えてくれる本だ。CRISPRは何故すごいのかが知りたい人は必読であり、また研究に興味がある高校生には是非読んでほしいオススメの一冊である。読み終わった時、きっと生命とは何なのか考えてしまう。

 

合成生物学の衝撃

CRISPR本の次にオススメ。著者はSTAP事件のレポートで有名な須田桃子さん。

合成生物学とは生命を人工的に作ることを目的にした研究分野である。勿論、ヒトが一から完全な生命を合成することはまだ出来ていない。しかし生命の設計図であるゲノムは、微生物程度の単純なものならば既に作れる時代になっている。

生命の作製・改変が可能な技術、これが人類になにをもたらすのかを著者が新聞記者の視点から読み解いた本だ。ゲノム研究の専門家のインタビューも多いが、アメリカやロシアの軍事関係者の話にもかなりの分量が割かれており、一般向けのドキュメンタリー本であると言う印象を受けた。興味がある人はセールのうちに読むべし。

プロポーズに学術論文を使った事案が研究者界隈で話題に

学術論文には研究を支えてくれた人々に感謝を述べる『謝辞 (Acknowledgement)』という欄がある。

実験に必要な試薬を作ってくれた技官さん、好意的にサンプルを提供してくれた仲間の研究者、研究費を出してくれたスポンサーetc…。

論文の根幹には関わっていないので著者に名前を入れることは出来ないが、研究をサポートしてくれた人々に論文の一部を使用して感謝の意を表すのである。

 

卒業論文、修士論文などでは「私を支えてくれた両親」「大切な恋人」「癒やしをくれたアニメキャラクター」に向けた謝辞を書くことがある。これは後に高確率で黒歴史化するのだが、それはまた別の話だ。

さて、この『謝辞』を使ってプロポーズをした研究者が出てきた。しかも卒業論文ではなく、著名な学術誌上でである。前代未聞だ。

 

続きを読む