モーターのように回転するタンパク質の可視化で著名な木下一彦教授が死去された

衝撃のニュースにショックを受けております。

早大・木下一彦教授、滑落死か 南アルプスで遺体発見:朝日新聞デジタル

木下一彦先生はF1-ATP合成酵素と言うタンパク質が回転することを実証し、「1つの分子を顕微鏡で見る」と言う学術分野を切り開いたことで著名な方です。

 

(さらに…)

細胞内で分子モーターを規則的に配置させる「分子定規タンパク質」が見つかった

f:id:mdr52:20141121142415p:plain

ゾウリムシって細かい毛をワサワサ動かして移動するイメージがありますよね。あの毛が動く分子的な仕組みを知っていますか?

東京大学の研究グループが世界で初めて「構造の周期を決めるタンパク質」を発見し、繊毛が適切に動く仕組みを明らかにしました。それについてごく簡単に書きます。

 

(さらに…)