ハダカデバネズミとフルクトース代謝

愛嬌のある見た目と名前から一部で人気があるハダカデバネズミ、ガンにならなかったり寿命が長かったりと不思議な能力を持つ生き物として知られます。

 

さて、先日のScinece誌ではハダカデバネズミが酸素がない状態でも18分以上生きる(普通のネズミは死ぬ)ことが報告されました。

Fructose-driven glycolysis supports anoxia resistance in the naked mole-rat (Science, 2017)

Rewiring metabolism under oxygen deprivation (Science, 2017)

解説記事を真面目に書こうと思っていたところ、既にナショジオなどで記事が書かれており気力が無くなりました。引用というズルい手段を使いつつ適当に流します。

 

(さらに…)

視細胞の円盤膜の形成とエクトソームの意外な関わり

その昔、クラミドモナスの繊毛からエクトソームと呼ばれる謎小胞が放出されることを示した論文の話をブログに書きました。このエクトソームは細胞外でシグナルとして働き得るため近年注目を集めています。

先日Journal of Cell Biologyに出た論文で、エクトソームの放出を抑えることが視細胞の複雑な形づくりに必要であることが新たに示されました。それについて少しだけ詳しく書きます。

 

(さらに…)