新しい老化モデル生物とされる小魚、その飼い方、ゲノム編集について

535453a-i1

nprot-2016-103-f1

 

ノソブランキウス属のNothobranchius furzeriは寿命が最長で半年程度です。これは脊椎動物の中でも類を見ないほど短いことから、老化のモデル生物となると言われ始めています (Cell 2015論文ウォッチ 2015Nature 2016)。

今年になってこの魚の詳細な飼い方が報告され、どこの研究室でも実験出来る可能性が高まりました (Nature Protocols, 2016)。さらにCRISPR/Cas9などのゲノム編集も応用できることが示されました (Nature Protocols, 2016)。

省スペースで、半年程度の実験で、逆遺伝学が使え、寿命のモデル生物としての可能性が高まってきたNothobranchius furzeri。今後、この小魚を使った知見から人間の長寿につながる薬・健康法がうまれるのでしょうか。研究の進展が楽しみです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です