ジカウイルスは精巣に感染し、男性不妊の原因になりうる

2015年にブラジルで大流行したことで一気に知名度が上がったジカウイルス。ジカウイルスに感染した妊婦さんから小頭症児が多発し、恐れられています。

ジカウイルスは神経幹細胞に感染して影響することが分かってきましたが (Cell Stem Cell 2016)、最近の研究でジカウイルスが眼に感染してぶどう膜炎を引き起こすことも報告されています (Cell Reports 2016)。興味深いことに、ジカウイルスが男性患者の精液から検出されたことが報告されていますが (Emerging Infectious Diseases 2016)、これが一体何を意味するかはよく分かっていませんでした。

 

 

Cell誌に報告された最新の論文では、ジカウイルスが精巣の幹細胞様細胞に感染して精巣炎や精巣上体炎を引き起こし、ひいては男性不妊の原因になりうることがマウス実験により示されました。

PowerPoint 演示文稿

当初考えられていたよりも様々な組織に感染することが分かってきたジカウイルス。今後さらなる研究の進展が期待されます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です