Fuckとだけ書かれた論文がアヤシイ学術誌に受理されたと話題に

f:id:mdr52:20141125185254j:plain
f:id:mdr52:20141125185319p:plain
f:id:mdr52:20141125185328p:plain

もうこれだけでネタとして完結しているのですが、受理されるまでの過程には興味深いストーリーがありました。

 

この論文が受理されるまでの流れ

スタンフォード大学のDavid Mazières准教授とハーバード大学のEddie Kohler准教授は、2005年にWMSCI (World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics) と言う学会に “Get me off your fucking mailing list”だけ書かれた原稿を送りました。

f:id:mdr52:20141126093443p:plain

どうもこの学会はスパムメールを送ったり論文が受理される基準が低かったりと悪名が高かったらしく、それに対する当て付けで書いたのだと思われます。David Mazières准教授のホームページ*1には、この原稿が受理されたかどうかの公式発表はなかったと書かれています。

 

2014年になって、International Journal of Advanced Computer Technologyと言う学術誌からスパムメールが来るのに苛立ったフェデレーション大学のPeter Vamplew准教授は、 “Get me off your fucking mailing list”の存在を思い出したのでしょう、この原稿をそのまま出版社に送りつけました。すると驚くことに、出版社から「あなたの論文は素晴らしい!150ドル払えば載せるよ!」と言うメールが返ってきたと言うのです*2

f:id:mdr52:20141125190155p:plain
f:id:mdr52:20141125190206p:plain
受理された証拠のメール

本当にこの論文が掲載されるかはまだ定かではありません。Peter Vamplew准教授には是非150ドルを払って盛大なネタ論文を完成させて頂きたいものです。

 

終わりに

あー、だからpdfのurlが雑誌社のものじゃなくStanfordのurlだったんですね。どうでもいいけど准教授が無駄にイケメン風で困る。

このように金目当てで論文を出版してしまう怪しい学術誌が近年問題視されています。

英語で書かれた論文と言うだけで何となく凄いと思ってしまう人は、ダマされないように気をつけたほうがいいかもしれません。

Pocket